カテゴリー別アーカイブ: トライノート

2015.6.28 (日) 第60 + 2回 トライノート 活動レポート

2015年6月の活動レポートは、Sinon(しのん)がお届けします。

今回は普段よりは参加人数が少なめだったのですが、参加人数が少ないとその分一人一人の話をじっくり聞けるため、これはこれでちょっとお得な感じのあるゼミでした。(人数が多ければ、たくさんの意見が聞けるのでそれはそれで楽しい)

今回のディスカッションのお題は、「自分だったらこんな演奏会にする!」。

様々な特色のあるゲーム音楽演奏会企画が増えてきた昨今ですが、実現性は問わず「自分はこんな演奏会をやりたい」「聴きたい」という話を繰り広げる回でした。皆さんから出てきた意見を挙げてみますが、皆さんだったらどんな演奏会を聴いてみたい(やってみたい)ですか?

■音源やスコアを事前公開する演奏会
ゲーム音楽は一回限りの演奏が多く、初めて聴くアレンジだと良さを理解できないこともあるので、クラシックやポップスのように予習して臨みたい。開演前に編曲者による解説トークとか。

■FF6の全曲演奏会
音楽フェスのように2ステージを並列に用意して、オケとバンドを切り替えながら出来たらカッコ良さそう。
1日目が世界崩壊前まで。2日目に崩壊後をやる2日がかりの演奏会。2日目を待つまでの時間も音楽の余韻に浸れそう。

■「地味曲」の演奏会
今まで一切演奏されたことのない曲をリストアップして。

■ゲームが発売された「年」をテーマにした演奏会
1996年発売タイトルで、ポケモン、スターオーシャン、バハムートラグーンなど。

■レトロゲームの同人即売会のアフターライブ
■R40制限(40歳以上対象)
演奏側が「この曲は誰も知らないと思いますが……」というのに対して「オレ知ってるぜw」と語りたい。

■FFシリーズの「ナンバリングタイトル以外」の演奏会
たとえばFF零式、FFクリスタルクロニクル、チョコボレーシング。作曲家毎のメドレーとかでも。

■バーでお酒を飲みながら聴く演奏会
通常の演奏会だと「知らない曲」もじっと聴いていないといけないが、「知らない曲」は食事とお酒を楽しみながら軽く聴き流せると敷居が低いかも。

■バンドやオケやDJをミックスした演奏会
同じテーマの曲を、別編成でそれぞれ演奏。

■メジャーじゃないけどイチ推しの作曲家の演奏会
層は厚くないけどコアなファンがいる人。

■「俺の魂をゆさぶる」スパロボコンサート
スパロボの版権曲ではなく、ゲーム中BGMや、ゲーム内オリジナルメカの曲。版権物の曲でもゲーム中のアレンジ版で聴きたい。

■1曲だけ縛りの演奏会
1つの名曲をひたすら別アレンジでバリエーション豊かに。

■取り上げられていないタイトルの演奏会
STG曲だと「ダライアス」や「グラディウス」は過去に取り上げられたことがあるので「R-TYPE」を聴きたい。音ゲー曲だと「パカパカパッション」など。

■室内アンサンブルなど少人数の演奏会
ピアノ+バイオリンのみとか、弦楽四重奏とかがもっと増えて欲しい。そういう編成の方が映える曲も多いはず。

皆さんはどのようなアイデアをお持ちでしょうか。是非、皆さんの夢の演奏会案もお聞かせください。

さて、トライノートでは8月にゲスト参加ありの回を予定しております。
内容は皆で「ゲーム音楽かるた」を遊んでみようというもの。開催予定日は2015/8/9(日)です。

内容等詳細は追って告知いたしますので、ご興味のある方は、Twitterアカウント(@trinote_info)や、本ブログをチェックしていてくださいね。

また、秋頃には演奏中心の回を予定しておりますので、こちらもお楽しみに。

2015.5.31 (日) 第60 + 1回 トライノート 活動レポート

5/31(日)、4starの余韻も冷めぬままゲーム音楽研究団体「2083ゼミ」改め、ゲーム音楽探求ゼミ「トライノート」の記念すべき第一回が開催されました!レポート担当は下村さん大好き!私ういろーが務めさせていただきます。

今回はゲスト無しのゼミメンバーのみの会としまして、前半は団体の運営と今後のスケジュール、メンバーの小研究発表、後半は合宿と3月~5月に行われたゲーム音楽のコンサートについて話し合いを行いました。

かねてよりゼミの運営体制をもっと柔軟に、より流動的にするべきでは?との意見から係りの一新を行いました(広報、会場場所取り等)。また、ゼミ恒例の企画「みんなで演奏」は、ゼミ生から演奏してみたい曲を募り決定されるのですが、それまでの流れをスムーズにするため演奏とりまとめなる係りも新しく作られました。新体制っぽい!

小研究発表では「前作の曲が続編で使用されているゲームについて」というテーマで、バビロニアンキャッスルサーガというゲームシリーズを軸に発表が行われました。シリーズを通して登場するキャラクターのテーマ曲だったり、同じ場所・場面の繋がりであったり、物語の繋がりを感じさせる演出としても効果的でファンとしても嬉しいとのことでした。

マリオやFFといった有名なタイトルのシリーズでもいくつか思い当たる曲があり、まさにゲーム音楽ならではの手法だと思いました。他のシリーズが続いているゲームではどのようにつかわれているのか?曲は同じだけど作曲者が違うアレンジの場合は?など今後も掘り下げがいのあるテーマでした。

そして前回のゼミから地味にゼミの期間が空いてしまっていたワケですが…そう!この3~5月に期間はとても多くのゲーム音楽のコンサートが開催されていたのです。
「ゼミ行きたいけどあの曲がオレを呼んでいるんだ!」

というわけで改めてゼミ内で数えてみたところ、どうやらゲーム音楽が演奏された演奏会は20弱があったらしく、後半はそのことについての感想とディスカッションをメインに行いました。

ゲーム音楽への好みが多種多様なように演奏会に行く理由も様々で、その作品のファンということはもちろん、ただその一曲を聞きたいがために、はたまた新しい作品の開拓…と熱い意見が次々に飛び出しました。また、曲の情景を思い出させるような演出や作曲家さんによるMC、その楽団ならではの解釈の曲のアレンジが楽しみといった意見も!

白熱した議論が続き、もしも自分がゲーム音楽の演奏会を開くなら…?という妄想しがいのあるテーマが出たところで時間切れとなり次回のゼミへ持越しとなりました。

今後のスケジュールとしましてはまだ細かな日程は決まっていませんが、演奏中心の回やゼミ内で好評を博したゲーム音楽カルタを、ゲストを交えて行いたいと考えております!お楽しみに!

団体名変更のお知らせ

ゲーム音楽研究団体「2083ゼミ」は、2015年4月1日より団体名を
ゲーム音楽探究ゼミ「トライノート」に変更いたします。

■新名称

ゲーム音楽探究ゼミ「トライノート」(TRINOTE)

トライ(Tri)は、活動の柱である【研究】【交流】【演奏】の3つを意味し、
そこに記録を残すという意味合いや
音楽的な用語で“音”を意味するノート(Note)を組み合わせました。

また研究以外の活動にも重点をおき活動していることから
“研究団体”を“探究団体”といたしました。

0000006b090000062d5b20150331134706a8b33c5271971f

■変更理由に関して
当初は、2083WEBを運営していた延長での活動として「2083」という名前を付けていましたが、
その後、株式会社2083が設立され事業が拡大してきたことや「2083ゼミ」の認知が広まるにつれ、
「2083ゼミ」の活動やメンバーが株式会社2083の事業や社員であるという誤解を受けることもあり、
双方にとって活動の支障をきたす恐れがあるため団体名変更に至りました。

活動に関してはこれまでと変わりなく
【研究】【交流】【演奏】という3つのテーマを軸に
ゲーム音楽をより深く探究していきます。

尚、ホームページのURLなどは移転を予定しており、
改めて告知をさせていただきます。

ゲーム音楽探究ゼミ「トライノート」
代表 斉藤健二

最新のお知らせ

※「トライノート」のWebサイトは、旧サイト(semi.2083.jp)から現在のサイト(trinote.info)に移行しております。リンクやブックマーク等を設定されている方はお手数ですが設定のご変更をお願い致します。

ゲーム音楽探究ゼミ「トライノート」ブログにようこそ!

本記事では、トライノートからの最新のお知らせを掲載します。
※この記事は常にトップに掲載されています。

■お知らせ

12月ゼミの参加者を受付中です!
■日時
 2016年12月10日(土) 13:00~17:00

■場所
 青少年プラザ 第2レクリエーションホール
 東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅下車 徒歩10分

■内容
  2016年を振り返って
   ・サントラ部門
   ・演奏会部門
   ・その他部門

参加フォームはコチラ!

2014年6月29日(日) 第52回 2083ゼミ予告!

2014年6月29日(日) に開催される第52回 2083ゼミの予告です!

■内容
(1)メインテーマ「自分の推し曲」
ゼミの参加者全員で、自分が一押しするゲーム音楽一曲を、みんなで紹介し合おう!という企画です。
1人3分程度の時間で、順番で推しゲーム曲を流します。
自分の時間の間、どの部分が好みなのかをアピールしても良いですし、人前で話すことが苦手な方は、無理に話さずに音楽を流すだけでも構いません。
「まずは雰囲気だけ感じたい…」や「ゲーム音楽、そこまで詳しくないんだけど…」という方も大歓迎。
楽器演奏経験・音楽知識なども不要です。
まずは聴き専でも大丈夫です!

ゲストも参加OK!! 色んな曲を流したり聴いたりすることで、新しい発見を探してみてはいかがでしょうか。
企画の詳細は、追ってツイッターのアカウント(@2083semi)などで紹介します。
#音楽を流すための設備として、ステレオを用意しています。

■2013/6/21追記
ゼミTwitterで告知した当日のルールを下記にまとめました!
ルール1:一人につき一曲を3分間流すことができます。曲を流す際、曲名とゲームの作品名は必ず紹介をお願いします。この時間は、曲やゲームの紹介などのトークを行うことができます。
ルール2:流す曲は『ゲーム中に流れた曲』に限らせていただきます。オーケストラアレンジや、ボーカルアレンジなどのアレンジ曲は対象外とします。
ルール3:アレンジ曲は対象外ですが、リメイクや移植したゲームで使われた曲はOK!
ルール4:ゲーム内で使われた曲であれば、どんなゲームでもOKです。ブラウザゲーム、美少女ゲーム、同人ゲーム、フリーのゲーム等々、ゲームのジャンルは問いません。
※当日はアンケート用紙を参加者皆様に配布する予定のため、筆記用具の準備をしていたたけたら、幸いです。

(2)演奏:皆で演奏の曲目「タマ」(「428」より)
ゆっくりめのメロディーだけの演奏で、シェーカーもあるので、楽器が苦手だったり楽譜が読めない方でも、ゆる~くご参加ください!

◆第52回「2083ゼミ」 詳細
1.日時
2014/06/29(日)13:00~17:00
2.場所
緑が丘文化会館 第11研修室
3.アクセス ※詳細は上記リンク先をご確認ください。
東急東横線・大井町線 自由が丘駅下車 徒歩約7分
東急バス 緑が丘交番前下車 徒歩約6分

4.懇親会
※ゼミ終了後に懇親会を予定しております。興味のある方は是非とも懇親会までご参加ください。

申し込みはこちらから。

期限は6/22(日)24時とさせて頂きます。
締め切らせて頂きました。
申し込み頂いた方には、追って返信致します。

2013年12月15日(日) 第46回 2083ゼミ予告!

2083ゼミブログをご覧の皆さま、代表のだよタンでございます。
代表といいつつゼミではあまり表には出てこないのですが・・・
12月は久しぶりに私が進行役を努めさせていただきます!

そんなこんなで12月のゼミは一年の振り返りに相応しい

「2083ゼミが選ぶ今年のゲーム音楽!」

というテーマで開催いたします。

ゲスト、メンバー問わず2013年のオススメゲーム音楽を紹介しあい、
これこそ2013年を象徴するゲーム音楽!というのを選出できればと思います。
最近のゲームちょっと分からないんだけど・・・という方も全く問題なし!
この機会に是非最近のゲーム音楽に触れてみてはいかがでしょう。

さて、当日の流れですが下記の通りとなります。

・事前にオススメCDを募る⇒ノミネート作品選出
・当日はノミネートの中からベスト10を選ぶ

13:00~13:15・・・受付・準備
13:15~13:30・・・初参加者紹介、グループ分け、当日の流れ
13:30~14:30・・・各自オススメの一曲を流します(3分×20曲想定)
14:30~15:15・・・グループワーク
15:15~15:30・・・休憩・集計
15:30~15:45・・・結果発表
15:45~16:00・・・休憩、演奏準備
16:00~16:45・・・演奏
16:45~17:00・・・片付け・撤収

【ノミネート:対象作品】
2012年12月~2013年11月末までに発売されたゲームorゲーム音楽CDの音楽
※スマホなどアプリ系含みます
※アレンジCDも含みます
※作曲家のオリジナルとかは含みません
※サントラが出てなくてもゲームが出ていればOK!
※移植など場合によっては自分(だよタン)の方で除きます

ゲスト参加者の方は、事前に最もオススメのゲーム音楽CD(またはゲームタイトル)
1タイトルとその中のベスト一曲をお伝えくださいませ。
※ベスト一曲は視聴タイムで流せます
※再生機材として、MD・CDラジカセを準備しております。サントラを流したい方は、CD媒体でご持参ください。
iPodからの再生も可能です。他の媒体での再生を希望する方は、ご自分で再生機器をご用意ください。

その他にもオススメのゲーム音楽CD(またはゲームタイトル)がありましたら、
最大5タイトルまでを挙げることができます。

オススメに関しては、申込みの際に記載していただいても大丈夫ですし、
既に参加申込みをいただいている方を含め、
改めてご案内の連絡をさせていただきます。

それでは、12月の2083ゼミでお会いいたしましょう!

◆第46回「2083ゼミ」 詳細
1.日時
2013/12/15(日)13:00~17:00
2.場所
長島桑川コミュニティ会館 音楽室

3.アクセス ※詳細は上記リンク先をご確認ください。

3.1 徒歩の場合
●東京メトロ東西線「葛西駅」より徒歩15分

3.2 バスの場合
●都営バス、京成バス「長島町交差点」より徒歩10分

4.懇親会
※ゼミ終了後に懇親会を予定しております。興味のある方は是非とも懇親会までご参加ください。

2013年10月6日(日) 第44回 2083ゼミ予告!

最近、めっきり涼しくなりましたね。
そのせいか、twitterに間違えた画像を投稿してしまうことが多くなりました。やれやれ。
こんにちは、2083ゼミ企画班の中の人です。

さてさて、次回、10月の2083ゼミのお知らせです!(デデンッ!

10月の2083ゼミは10月6日(日)に瑞江コミュニティ会館 集会室第三にて、ゲスト参加型で行います!
今回のゼミは「第3回サントラ紹介スペシャル」!
オススメサントラ紹介は普段のゼミでも行っているのですが、
何分普段のゼミでは他の企画もあるためじっくり時間を割いて紹介することができません。
まだまだ話したりない!のに、「はいそこまで~」と止められて涙を飲むこともしばしば…。
今回はそんな欲求不満を満たすべく、フルにこれぞ!というサントラについて熱く語り、実際に曲を聴き、参加者にそのよさを伝えよう!という会となっております~!

みんなの前で話す、というと堅苦しいイメージを持たれるかもしれませんが、音楽を流しながら、「これ好きだ!!」という感想を言いあいながらの和気あいあいとした会(になる予定)ですので、ぜひこの機会にこれぞ!という一枚を紹介してみてくださいませ♪

■いろんなおすすめゲーム音楽を聴いてみたいな~
■みんな知らないけどこのサントラすごいいいんだよ!!!
■とにかくゲーム音楽聴いておしゃべりしたい!

そんな皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

◆留意事項
(1)参加表明の際には、サントラの紹介を行いたいかどうかも合わせてご連絡ください。
(2)再生機材として、CDラジカセを準備しております。サントラを流したい方は、CD媒体でご持参ください。他の媒体での再生を希望する方は、ご自分で再生機器をご用意ください。

 

持ち時間などの詳細は追ってお知らせいたします。
2083ゼミ参加フォームはコチラから。
今回の申し込み期限は10/2(水)です。お申込みいただきました方々には、4日(金)迄にご連絡いたします。皆様のご参加、心よりお待ちしております!

※企画内容の詳細は予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。

 

◆第44回「2083ゼミ」 詳細
1.日時
2013/10/6(日)13:00~17:00

2.場所

瑞江コミュニティ会館

3.アクセス ※詳細は上記リンク先をご確認ください。
●徒歩の場合
都営新宿線「一之江駅」 徒歩12分
都営新宿線「瑞江駅」 徒歩15分
●バスの場合
(京成バス)都営新宿線「一之江駅」から〔小72 篠崎線行〕「今井」下車 徒歩8分


大きな地図で見る

4.懇親会
※ゼミ終了後に、会場近くの店で懇親会を予定しております。興味のある方は是非とも懇親会までご参加ください。

2013年8月24日(土) 第42回 2083ゼミ予告!

こんにちは、2083ゼミ企画担当のNです!
今、1番好きなゲーム音楽は「イーハトーヴォ物語」です。
今回から、次回2083ゼミ企画内容をブログでお知らせする任に就くことになりました。

知らない方のためにご説明しておくと、毎月開かれている2083ゼミでは、ゲーム音楽関連の企画を各回で立て、みんなでゲーム音楽の知識を広めていこう!ということを現在は行っております。

ということで、次回、第42回2083ゼミの企画内容はこちら!(デデンッ!

 

ゲーム音楽なかまを増やす方法を考えるin2013

2012年4月に開催した2083ゼミでは、今回と同じテーマでグループワークを行いました。
あれから1年以上の月日が流れ…。
ゲーム音楽を演奏する楽団の増加、有志によるゲーム音楽演奏会の開催、ソーシャルゲームの楽曲を含んだサントラの増加など、ゲーム音楽を取り巻く環境は割と変わりつつあるんじゃないかなと、企画者は感じております。
そこで、1年経った今、このテーマをもう一度やってみたら、何かしらゲーム音楽仲間を増やす新しい方法が見つかるんじゃないかなーと期待して、本企画を立ち上げてみました。

今回はロールプレイング形式で、企画を進めようと考えています。
参加者は「ゲーム音楽を勧める人」と「ゲーム音楽を勧められる人」の2つの役割に分かれ、それぞれの役割を演じてもらいます。
「ゲーム音楽を勧める人」は、自分の考えた方法で「ゲーム音楽を勧められる人」を、見事ゲーム音楽仲間とすることができるのか?
どのようにすれば、ゲーム音楽仲間を増やすことができるのか?
謎が謎を呼ぶ心理戦、全米が泣いた愛の物語、最後に勝つのは誰だ!(ナンダコレ

とまぁ、最後はちと脱線しましたがw
こんなことをゲーム形式でやってみたいと思います(・∀・)
文章だけだとわかりづらいと思うので、説明用の絵を作ってみました。
こちらも合わせて御覧ください!
※画像表示後、ブラウザの「戻る」ボタンで、ブログに戻ることができます。

参加にあたって、ゲーム音楽や業界の詳しい知識は不要です!
必要なのは、ちょっとの好奇心。

ちなみに、この日は年に1度の浴衣ゼミとなっており、ゼミメンバーの多くが浴衣で参加する予定です。
(強制ではないですよ〜。普通の服装でも全く問題ありません。)
参加される方々も、もしよかったら、夏を満喫するために浴衣でお越しください(*´∀`)
※企画内容の詳細は予告なく変更される可能性がございます。ご了承ください。

 

◆第42回「2083ゼミ」 詳細
1.日時
2013/8/24(土)13:00~17:00
2.場所
元気プラザ 第2ホール

3.アクセス ※詳細は上記リンク先をご確認ください。

3.1 徒歩の場合

●東京メトロ南北線 志茂駅 1番口より徒歩5分
●JR赤羽駅 南口より徒歩15分

3.2 バスの場合

●JR王子駅北口より都バス王57「赤羽駅東口、北車庫行き」にて、「北車庫前」下車。徒歩5分。

●JR赤羽駅東口より都バス王57「北車庫」行きにて、「北車庫入口」下車。徒歩3分。


大きな地図で見る

4.懇親会
※ゼミ終了後に、JR赤羽駅近くの店で懇親会を予定しております。興味のある方は是非とも懇親会までご参加ください。

 

◆注意事項

今回の会場は通常の集会室であるため、演奏に対する制限がございます。
下記事項を順守頂くよう、お願い致します。
1:ピアノは設置されておりません。ご理解ください。
2:電気系の楽器を使用する場合は、アンプの持参をお願いします。
3:電気系の楽器は他の利用者にならない程度の音量での使用をお願いします。
4:演奏が他の利用者の迷惑な音量であると判断された場合、即座に演奏中止となります。

 

というわけで、興味のある方はこちらからご応募ください。
受付期限は、8月19日(月)までとなっております。※8月20日(火)に、案内を送付させて頂く予定です。
皆様のご参加、お待ちしております!

◆2013/8/20 追記
第42回2083ゼミのゲスト受付は締め切らせていただきました。
たくさんのご応募、有難うございました!
次回、ゲスト参加型ゼミは10月6日(日)に開催予定です。
※日程は変更になる可能性があります。

2013年6月22日(土) 第40回 2083ゼミ予告!

こんにちは、2083ゼミ@広報です!
立て続けの投稿となりますが、次回ゼミの予告です!
次回はなんと記念すべき40回目のゼミということで、なんかしみじみしますね。
というわけで以下予告となっております!

—————————————————————–

6月ゼミは6月22日(土曜日)に、高井戸地域区民センターにて行います。

今回のゼミは、「作曲者の特徴を考えよう」というテーマでグループワークを行うことを予定しております。

「作曲者の特徴を考えよう」とは、特定の作曲者が作成した曲を聞き、
「ここら辺がこの人っぽいよねー」
「このフレーズがこの人らしさがでてる」といったような、
作曲者の特徴などを皆さんで考えていただき、文章化してみよう。
ということを目的とした物です。

このテーマは過去に一度実施しており、その際は
ロマサガシリーズでおなじみの伊藤賢治さん。
テイルズシリーズやヴァルキリープロファイルでおなじみの桜庭統さん。
アンリミテッドサガやファイナルファンタジー13でおなじみの浜渦正志さん。
クロノトリガー、クロノクロス、ゼノギアスでおなじみの光田康典さん。
といった方々の特徴についてを語り合いました。

このときは、「その作曲者の楽曲に詳しい人にお願いして、その人らしさが現れている曲を4つほどチョイスしていただき、それを実際に聴きながら語り合う」
という形で進行しました。

今回も同様に、ある作曲者に詳しい方にお願いして曲をチョイスしていただき、それを実際に聴きながら語り合っていただきます。

「どの作曲者について語るのか?」については、まだ調整段階ですので公開できませんが、後日発表いたします。

—————————————————————–

これは楽しそうですね・・・!前回は参加できなかったのでとても楽しみです!

是非ともご参加ください!

2083ゼミ参加フォームはコチラから

今回の申し込み期限は6/17(月)です。
19日に連絡いたします。

 

2013年4月14日(日) 第38回 2083ゼミ予告!

2083ゼミ@広報です!
次回ゼミの告知です(告知が遅くなってしまい申し訳ありません)

以下、次回ゼミの概要となります!

—————————————————————–

■主題
1983年にファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)が発売されてから30年が経とうしています。
ファミコン発売から今日にかけてゲームのハードやソフトの技術は向上していき、
電子音から始まったゲーム音楽もいまや電子音に頼らず、
生音をそのままゲームに使用できる境地に達しています。

しかし、巷では「ファミコン音源」と呼ばれる電子音に妙な魅力を感じてはいないでしょうか。
その魅力の正体は、所謂「思い出補正」の一言で片付いてしまうかもしれません。

30年という年月はとても長いものと考えます。
そして魅力のある物は長く愛され、魅力の無い物は淘汰され、忘れ去られてしまうのが、世の常です。
ですが、最新鋭のゲーム機から出力される生音に近いオーケストラやロックの音楽を
「わざわざ」音数の少ないファミコン音源を使用してアレンジされていたりします。
また、元々ファミコン音源だった音楽を生音でアレンジしても、
「ファミコン音源の方がいいよねー」という声も頻繁に聞こえてきます。

これらのことを考えると、「ファミコン音源の魅力」を「思い出補正」だけで片付けるのは、やや早計であると考えます。

そこで、今回の2083ゼミでは、皆さんが感じている「ファミコン音源の魅力」について語り合って頂こうと思います。
ゲーム音楽史における「原点」といっても過言ではない「ファミコン音源」について、
共に考え、語り合おうではありませんか!

■「みんなで演奏」について

2083ゼミでは、毎回皆さんが持ち寄った楽器を使ってその場で合奏しよう、という企画を行っています。
前回までは「ファイナルファンタジー」を演奏していましたが、
4月のゼミからは「ノーラと刻の工房」の楽曲を演奏いたします。
譜面は当日にお渡しします。
楽器が得意、不得意かかわらず参加できます。
ゲストの方も、是非とも楽器を持ち寄って、「みんなで演奏」に参加してみてはいかがでしょうか。

—————————————————————–

ファミコン発売から30年も経っているのですね…
たけしの挑戦状やゴエモンをやっていた日々が懐かしいです(遠い目)

また、今回からみんなで演奏企画についても曲が変わるようで、私も楽しみです!

是非ともご参加ください!

2083ゼミ参加フォームはコチラから

今回の申し込み期限は4/8(月)です。
9-10日の内に連絡いたします。